カウンセリングによる治療

患者とのコミュニケーションが重要

うつ病の治療は患者が抱えている悩みや苦しみを正しく把握することが何よりも重要です。患者の心情がわからないと治療が的外れな物になってしまい、状態の改善には至りません。場合によっては却って症状を悪化させてしまうこともあるので、患者の心情を正しく知るためにもコミュニケーションを取ることが重要なのです。うつ病患者に対して行うカウンセリングは症状の緩和が最終的な目的ですが、最初は患者と医師との間に信頼関係を作ることから始まります。お互いに相手を信頼していなければ心の内をさらけ出すことができず、効果的な治療が望めないためです。そのため、医師には話術よりも患者に信頼されるほどの誠実な姿勢を持つことが求められます。

カウンセリングの方法は医師によって異なる

心の病は他の病気とは異なり、目に見える疾患が存在しません。また、症状も千差万別なので患者ごとに最適な治療の方法が異なるのも問題点の一つと言えます。うつ病治療に効果的としてカウンセリングが広く普及しましたが、その方法は具体的な基準が無く、医師の裁量次第という不確かな物である事実は否定できません。そのため、ひと口にカウンセリングと言っても医師によってその内容が大きく異なるのです。稀に患者への配慮が無く、押しつけがましいカウンセリングを行う医師も存在します。治療の良し悪しは患者と医師の相性も無視できない要因なので、この医師は自分には合わないと感じたら遠慮せず、別の病院を受診するのも選択肢のひとつです。