うつ病の症状や診断まで

ここでは、うつ病の症状やうつ病を疑った際、どの種類の病院を受診したらいいか、診断方法にはどういった物があるかなど、病名を判断し治療に至る前までの段階をくわしく説明していきます。病院に行くのが不安な方などの参考になればと思います。

うつ病の症状について

最近どうも疲労感を感じることが多くなっているという場合、それはうつ病の症状の一つである可能性があります。うつ病は大きな社会問題の一つとしてニュースなどで取り上げられることも多くなっていますが、心の…

続きを読む

受診できる病院は精神科だけじゃない

うつ病かもと感じた時、できるだけ早めの治療が早く治すためにもベストなため、症状が軽いうちに受診して治療するのがおすすめです。ただ、精神科となると恥ずかしさだったり他人に受診していることを知られたく…

続きを読む

うつ病の診断方法

あなたにも起こりうる?!身近な心の病

近年、問題となっている病気で、精神疾患というものがあります。その精神疾患の一つがうつ病です。うつ病の原因は日々の生活から起こるストレスによるものや、環境の変化、対人関係など様々なものが要因となり、脳の神経伝達物質に不調が生じ、うつ病が発症すると言われています。 うつ病の症状として、感情のコントロールができない・長期的な抑うつ症状・不眠などの睡眠障害・倦怠感や疲労感が取れない・食欲の減少、等が症状として挙げられます。こういった症状はうつ病ではない人でも起こりうる、いわば日常的なものなので、自分がうつ病になったと気付けない人もいます。うつ病の大きな特徴である抑うつ症状が1~2週間と長期的に続いている場合はうつ病の可能性があるので要注意です。

うつ病の診断方法とは?

身近な病であるうつ病の診断は、主に病院で行われます。また最近では、インターネットでも簡易的なうつ病診断ができますが、やはり専門機関での診断を受けた方が確実であり、治療もスムーズに行なえますので参考程度にして下さい。 うつ病の診断はDSM-5というアメリカで用いられている診断基準に合わせて診断をする事が多いです。内容としては、毎日抑うつ気分が続いているか・喜びの感情が著しく減退しているか・不眠症状があるか・体重変化、食欲の変化があるか、等の項目から幾つ当てはまるかでうつ病かどうか診断を行います。もし自分にも眠れなかったり、ずっと気分が落ち込んでいる状態が続いているなら、うつ病の可能性があるので早めに専門機関に行きましょう。

うつ病の治療方法

社会生活に影響を及ぼしてしまうほどの病気、うつ病と診断されてしまった場合、必ず治したいところですが治療法にはどのようなものがあるのか、その効果などを解説していきたいと思います。心の病気は難しいと思われるかもしれませんが、うつ病は治る可能性が十分にあるとされています。

十分な休養など生活リズムを整える

うつ病になりやすい人の特徴ですが、とにかく頑張り屋な性格の持ち主です。仕事を第一に考えている方、自分よりもパートナーや子どもの事を優先的に考える自己犠牲の精神が強い方こそ要注意です。ワーカホリック…

薬物による治療

うつ病の治療の中でもメインとなる薬物療法は、一定の副作用のリスクがありますが、不眠や気分の落ち込みなどの生活に支障を及ぼす症状の改善に繋がることがあります。うつ病をはじめとした現代人に多い精神疾患…

カウンセリングによる治療

うつ病の治療は患者が抱えている悩みや苦しみを正しく把握することが何よりも重要です。患者の心情がわからないと治療が的外れな物になってしまい、状態の改善には至りません。場合によっては却って症状を悪化さ…

光トポグラフィーの仕組み

光トポグラフィーとは、うつ病の検査に使われる方法です。微弱な光を照射することで、脳の血流量を調べることができます。うつ病の人は通常とは異なる変化があるため、客観的に診断ができます。